エコ社会とリサイクルを考えよう

最近よく「エコ」という言葉を耳にします。「エコバック」「エコカー」「エコ箸」などなど。さらには、「エコ検定」なんてものまであります。どこもかしこも、エコ・エコ・エコのこの時代。地球に優しくないことは許されない風潮です。

「地球環境に優しく生きよう」、というこの思想にとってゴミは厄介な存在です。なんといってもゴミは燃やせば地球を汚してしまうし、埋めれば地球を汚してしまうから。

何か買う前にはそれが本当に必要かどうかを考え、「まだ使えるんじゃないか?」「これで十分なんじゃないか?」、そうやってひとりひとりが考えてモノを消費することでゴミを減らす。今はそんな時代です。

とはいってもこう思う人もいるでしょう、「ゴミをなくすなんて無理だよ」と。またはこう思う人もいるかもしれません、「ゴミを減らしてどうするの?」。どちらも正直な疑問だと思います。いくらものを大事に使っても、いつかはゴミになってしまいます。

例えばあなた一人が割りばしを使わなかったとして、地球環境にとってどれだけ優しいのかは不明です。割りばしは使おうが使うまいが、コンビニにもお弁当屋さんにもスーパーにもたくさん売っています。それらもいつかはゴミになるのです。それにマイ箸を洗うときの洗剤と、割りばしを燃やすときの二酸化炭素では、地球にとってはどっちもどっちな気もします。

そこで、「リサイクル」という話しが出てきます。「まだ使う方法があるんじゃない?」「汚れた割りばしをもう一度使う方法を考えよう」という訳です。でも、「リサイクルって本当に地球に優しいの?」、そんな素朴な疑問は尽きることがありません。

それでは順番に考えていきましょう。

人がゴミと言ったらゴミ!

協賛企業

人気の海外製排卵検査薬と排卵検査器をおすすめ順に並べてみました。

リバイタラッシュ

排卵検査薬 通販

亀頭包皮炎

いんきんたむし